内視鏡検査・消化器科・胃腸科なら、世田谷区の鶴町クリニック

胃腸科・内視鏡検査

内視鏡検査について

ひと昔前にくらべ、楽になった内視鏡検査

多くの方が、「内視鏡検査は痛い、辛い、苦しい」というイメージを持っていたり、忙しくて時間が取れないという理由から、検査を先送りにされているのではないでしょうか。そんなみなさまに知って頂きたいのは、内視鏡検査は、ひと昔前にくらべ非常に楽に受けられるようになったということです。

当院でも数多くの内視鏡検査を手掛けてきましたが、ほとんどの方が「思っていたのと全然違う。これなら定期的に検査したい」とおっしゃっています。ぜひ安心してご受診ください。

内視鏡検査ってどんな検査?

早期にがんを発見できる!

内視鏡検査とは、細くてやわらかいスコープを、口や鼻または肛門から挿入して内部を観察する検査です。口や鼻からの挿入では食道、胃、十二指腸、また肛門からは大腸の内部を見ることができます。もし異常があった場合には、生検といって粘膜の一部を採取して病理検査を行い、良性か悪性かを判断します。内視鏡検査では、かなり早い段階でがんを発見することができます。

定期的な検査で、がんから命を守れる!

現在、日本で一番多い死因はがんで、国民の2人に1人ががんにかかるといわれています。ですが、医療技術の進歩により、早期に発見できればがんは治せます。内視鏡検査で発見できる「大腸がん」「胃がん」は死因の中でも上位に位置しています。がんから命を守るためには、定期的な内視鏡検査が大きな役割を果たします。

胃の内視鏡検査が必要なのは、こんな方

つぎのような症状がある方はとくに、胃内視鏡検査をおすすめします。

  • 胃の痛みが続く
  • 胃もたれや、胸焼けが続く
  • 胃に、違和感・不快感がある
  • 吐き気がする
  • 健康診断で、ピロリ菌が陽性だったことがある

※ 保険診療で、慢性胃炎・胃潰瘍などのピロリ菌治療を行う場合、胃内視鏡検査は必須です。

胃内視鏡検査の詳しくはこちら>>

大腸の内視鏡検査が必要なのはこんな方

つぎのような症状がある方はとくに、大腸内視鏡検査をおすすめします。

  • 年齢が40歳以上
  • 便に血が混じることがある
  • 下痢、便秘が続く
  • 腰痛が続く
  • ご家族や血縁者に大腸がんの方がいる

大腸内視鏡検査では、がんの早期発見、大腸ポリープの診断はもちろん、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室といった、ストレスや生活習慣の悪化から現在急増している病気のチェックも行うことができます。

大腸内視鏡検査の詳しくはこちら>>

当院の内視鏡検査

当院の内視鏡検査について、くわしくご説明いたします。

当院が掲げる検査のモットー

お一人おひとりに寄りそった検査を

内視鏡検査は楽に受けられるようになりましたが、患者様お一人おひとりによって、感じ方は異なります。例えば胃の検査では「口からの検査が辛かったから、ぜひ鼻で」という患者様もいれば「鼻から入れるのは怖いので口から」という患者様もいらっしゃいます。当院では患者様のお気持ちに寄り添い、丁寧に検査を行います。

専門医の確かな腕で、患者さまに優しい検査を

とくに大腸内視鏡検査では、検査時にかかる苦痛や危険性が、医師の技術によって大きく左右されます。当院での検査は、すべてベテランの院長が担当いたします。経験豊富な専門医の技術で、患者様に優しい内視鏡検査を提供します。

当院の内視鏡検査のポイント

当院では、だれもが安心して検査を受けられるよう、検査設備や診療体制を整えております。内視鏡検査は、鶴町クリニックにお任せください。

1:痛みの少ない大腸内視鏡検査が受けられます

お腹のハリが楽になって不快感のない受動湾曲細径大腸内視鏡を使った、独自の原則無送注水法で、痛みの少ない優しい検査を行います!

2:胃内視鏡検査は、経口・経鼻、お好きな方法を選べます

当院では、口からの検査も鼻からの検査もとても楽に受けられます。お好きな方を選べますので、ご希望をお伝えください。

3:土曜日も検査が受けられます

月曜から土曜まで、検査の予約ができます。また1日で胃と大腸両方の検査も受けられますので、忙しい方も安心です。

4:年間2000件の検査実績!安心して任せられます

当院で行う内視鏡検査は、全てベテランの院長が対応いたします。経験豊富な専門医にお任せください。

5:最新の検査設備で、精密な検査が受けられます

NBIと呼ばれる特殊光、拡大内視鏡を導入しております。これまでは見つけにくかった、小さな病変も逃しません。

6:検査中に、内視鏡治療も行います

検査中に大腸ポリープが見つかった場合は、可能な限りその場で摘出する日帰り処置を心がけております。

日帰り大腸ポリープ切除の詳しくはこちら>>

当院の検査設備

最新の設備で精度の高い診断が可能に

今や内視鏡検査は多くのクリニックで受けられますが、どこのクリニックにも同じ検査設備があるわけではありません。当院ではNBIという特殊な光を用いた、精密な検査を行っております。検査機器も信頼できるものを揃えておりますので、安心してご受診ください。

NBIって何?

特殊な光で病変を照らして観察する

我々が、肉眼で見たままの像を認識して診断を下す手法である「通常光観察」に対し「特殊光観察」という手法があります。通常光観察のときに用いる白色光ではなく、光学特性を変換した照明光を用いることによって画像を強調し、より精度の高い診断が可能になります。NBIとは、この特殊光観察のひとつで、Narrow band imaging(狭帯域光)と呼ばれています。

より精密な検査ができるように

がんの増殖には血管からの栄養補給が必要となるため、病変の近くの粘膜には多くの血管が集まりやすくなると考えられています。NBIでは、粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らすことができます。そのため、非常に精密な検査が可能になります。

早期食道癌(粘膜内癌)

早期食道癌(粘膜内癌)
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

中部食道表在癌

中部食道表在癌
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

胃前庭部小弯(早期胃癌)

胃前庭部小弯(早期胃癌)
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

検査にNBIを用いる利点

見つけにくいがんの早期発見に威力を発揮

常光による観察では見えにくかった、がんなどの早期病変の観察がしやすくなります。とくに中・下咽頭、食道、胃、大腸のがんの早期診断に有用です。なかでも見つけにくいとされる食道がん、咽頭がんの早期発見には大きな威力を発揮します。

患者さまの身体の負担を減らせる

これまでは血管や粘膜の詳細な観察のためには色素による染色を行っていましたが、狭帯域光観察を行えばその必要はなく、患者様の身体的な負担の軽減が期待されます。

病変が腫瘍かどうかも判別できる

発見された病変が、腫瘍か非腫瘍か鑑別できます。鑑別が可能になると、特に大腸内視鏡検査において、不要な生検を著しく減少させ、出血などのリスクを軽減するだけではなく、医療費の削減にもつながります。

内視鏡検査の費用

検査は安心の保険適用

当院の内視鏡検査は、大腸と胃どちらもほとんどの場合が保険適用となります。

胃内視鏡検査生検なし 4,000円~
胃内視鏡検査生検なし 7,500円~
大腸内視鏡検査生検なし 7,000円~
大腸内視鏡検査生検あり 11,000円~
ポリープ切除 16,000円~27,000円

3割負担の場合のおおよその目安となります。患者様の保険の負担割合によって異なります。初診料、診察料、投薬料などは含まれておりません。

自治体による検査費用の助成制度

費用の補助が受けられます

がん検診、とくに対策型検診としてのがん検診は各市区町村で実施されています。公的な補助も受けられるので、比較的経済的負担の軽い検査です。がんの予防と早期発見につながりますので、ぜひ積極的に受診しましょう。ご利用できる制度は各地域によって異なります。

世田谷区の助成制度

胃がん検診

■検査内容:内視鏡検査
■対象となる方:50歳以上の世田谷区民で助成対象となる方
※ 当院は助成制度の対象医療機関です。

胃がん検診について詳しくはこちら>>

大腸がん検診

■検査内容:便潜血検査。必要に応じて大腸内視鏡検査
■対象となる方:40歳以上の世田谷区民の方
※ 当院は助成制度の対象医療機関です。

便潜血検査は、肉眼的には異常を認めない便に潜む血液の有無を調べる検査です。便潜血検査の検査結果で潜血陽性となった場合は医師に相談し、大腸内視鏡検査を受けることになります。
※なお、便潜血検査については万能ではありませんので、癌年齢になったら、3年に一度は、大腸内視鏡検査を受けて頂く事が重要です。

大腸がん検診について詳しくはこちら>>

↑
PAGE TOP