東京・世田谷区経堂の肛門科・胃腸科・消化器科・内科・痔の治療・内視鏡検査なら鶴町クリニック

院長の医療レポート

肛門科を受診するタイミング

2017.11.07

おしりのお悩みは、恥ずかしさもあるためか、症状や違和感を感じてから受診するまでに時間がかかる方が多くいらっしゃいます。
最近では、何か重大な病気と診断されるのが恐くて、ためらう方もいらっしゃるようです。

しかし、肛門や大腸の病気は「早く見つけて早く治療」を行う場合、心配する必要はありません。我慢したり、放置することが最も危険です!

なんかおかしい・ちょっと心配・・・と気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。
そもそもおしりの症状は、食生活や生活習慣、日々のストレスが原因となっているケースがたくさんあります。体調不良で内科を受診するのと同じように、気軽にご相談にいらしてください。

●おしりの症状・お悩みをチェック
どれか1つでも繰り返す症状があれば、肛門の病気や大腸の病気が疑われます。
医師へ相談する目安としてもらえれば幸いです。

便秘ぎみ
  • 便秘・下痢がち
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 便が常に細い
  • 便に血が混じる
  • 肛門からイボのようなものが出ている
  • 肛門のまわりが腫れている
  • 肛門が痛い
  • 肛門がかゆい
  • 肛門を洗うときお湯がしみる
  • 下着が汚れる

肛門科の疾患と診察>>

↑
PAGE TOP