東京・世田谷区経堂の肛門科・胃腸科・消化器科・内科・痔の治療・内視鏡検査なら鶴町クリニック

院長の医療レポート

便秘になったらどうする?

2016.05.20

便秘になった場合、市販のお薬に頼っている方も、多いと思います。
しかし「便秘や下痢を繰り返す」などの症状は、大腸がんの初期症状であることも否定できないのが現実です。
便秘になったら、医療機関への受診を進める場合とセルフケアできる場合を、簡単にご説明いたします。

●医療機関での受診をおすすめする場合
以下のような症状がみられた時は、医師の診断を受けましょう。

  • 突然便秘をするようになった
  • 便に血や粘液が混ざっている
  • 便が細くなった
  • 激しい腹痛や嘔吐、発熱を伴う
  • おなかにしこりがある
  • 重度な便秘で、何をやっても改善しない など

このような場合は、器質性便秘といって、腸に何らかの病気が存在する可能性が高いです。
早急な検査が必要です。

便秘ぎみ

●セルフケアができる場合
便秘といってもお通じが1週間に1~2回程度ある場合には、予防のページで紹介したような食生活、排便習慣の改善、運動などを行った上で、緩下剤や整腸剤などを上手に活用して様子をみましょう。
便秘予防!食生活の改善法はこちら>>
便秘を改善する運動法はこちら>>

ご心配な時は、些細なことでもお気軽にご相談下さい。
大腸がんの危険年齢に差し掛かる40歳になったら、症状の有無に関わりなく、1年に1回は便潜血検査、3年に1回は大腸内視鏡検査を受けておくと安心です。
内視鏡検査のご案内はこちら>>

レポート一覧に戻る

↑
PAGE TOP