内視鏡検査・消化器科・胃腸科なら、世田谷区の鶴町クリニック

胃腸科・内視鏡

気軽に内視鏡検査が声を受けられる体制を整えています。

胃腸科・消化器内科では、内視鏡(胃カメラ)の検査を行います。当院は胃内視鏡検査、経鼻内視鏡検査、大腸内視鏡検査を最新設備と経験豊富な医師の技術で、患者様にできるだけ痛みがない検査をご提案できます。

経鼻内視鏡検査  大腸内視鏡検査  NBIを用いた内視鏡観察

痛みのない検査を

当院の内視鏡検査は、ほとんど痛みがなく楽に検査を受けていただけます。
日本で一番多い死因はがんで、その中でも「大腸がん」「胃がん」は死因の上位を占めています。しかし多くの方が「痛い、辛い、苦しい」というイメージで、検査を先送りされてるのが現状です。
当院は数多く検査を手掛けていますが、ほとんどの方が「思っていたのと全然違う。これなら、定期的に検査してください」と、おっしゃられています。
早期診断・発見を専門医の使命とし「患者さんに優しい内視鏡検査」を提供します。

胃内視鏡検査はこんな方に適しています

  • 胃の痛みが続く
  • 胃もたれや、胸焼けが続く
  • 胃に、違和感・不快感を、感じる
  • 吐き気がする
  • 健康診断で、ピロリ菌が陽性だったことがある

※保険診療で、慢性胃炎・胃潰瘍などのピロリ菌治療を行う場合、胃内視鏡検査は必須です。
ピロリ菌検査・除菌の詳しくはこちら>>

大腸内視鏡検査はこんな方に適しています

  • 年齢が40歳以上の方
  • 便に血が混じったりしている
  • 下痢、便秘などが続く
  • 腰痛が続く方
  • 家族などに大腸がんの方がいる

がんの早期発見はもちろん、ストレス社会・生活習慣の悪化などから、現在急増している病気(IBS・過敏性腸症候群・逆流性食道炎機能性胃腸症・ディスペプシアなど)のチェックも行えます。
当院は、胃の内視鏡はもちろん、技術が問われる大腸内視鏡検査を得意としております。大腸肛門科・肛門外科、専門の医師が行います。

言葉だけで「痛みが少ない」「楽」とお伝えしても、患者様にとっては不安が多いことと思います。
経験豊富な医師の技術と最新設備、そして患者さんの気持ちに配慮した診療を心がけています。安心して、ご来院下さい。

当院への問合せ・アクセスはこちら>>

大腸・胃の内視鏡検査のご案内ページはこちら>>

経鼻内視鏡検査

胃内視鏡検査

胃の内視鏡検査は辛くない

胃がんをはじめ、上部消化管疾患の早期診断、治療に胃内視鏡検査は必須です。
胃がんであっても早期に診断すれば、かなり大きいものでも内視鏡で取りきれる時代になりました。
ところが、内視鏡が下咽頭(のどの奥)を通る時の違和感を必要以上に恐れて、定期的な検査を嫌がる患者さんが依然として多いのが現状です。
ここ数年で、内視鏡自体が細く柔らかくなり、検査に伴う不快感はそれほどではありません。また、最近では経鼻挿入による胃内視鏡(経鼻内視鏡検査)と言って、鼻から内視鏡を挿入する方法もあります。当院も胃内視鏡検査を数多く手掛けていますが、ほとんどの方が「思っていたのと全然違う。これなら、定期的に検査してください」と、おっしゃいます。
現在、がんは普通の病気になってしまいました。いつ、だれが患ってもおかしくないほど増えています。自分の為だけでなく家族の為と思って、定期的な検査をお勧めします。

挿入法

経口法
従来どおりのマウスピースをくわえ、口から内視鏡を挿入する方法です。
口から挿入するから苦しい検査になり、後で説明する鼻から挿入する(経鼻法)だと苦しくない、との表現もありますが、必ずしもそうではありません。 経口法でも楽に施行できます。なぜ経口法が辛いというイメージができたのでしょうか。

以前は口から挿入した内視鏡を下咽頭(のどの奥)で固定し、この状態で患者さんに嚥下(唾を飲み込む動作)してもらい、内視鏡を挿入するというものでした。この方法ですと舌を圧迫し、どうしても異物を飲み込むという感覚が生じ、不快感・辛いという感じが残ります。
ところが現在は、口から挿入してもなるべく、辛い感覚の原因となる舌や下咽頭に内視鏡が接触しないように努め、下咽頭から食道に至る最も辛い部分は、患者さんに嚥下させずに内腔に沿って挿入するのです。
この方法ですとほとんど内視鏡が通過したことを感じないまま、検査施行できます。

経鼻法(経鼻内視鏡検査)
最近、開発された方法です。そのコンセプトは「鼻から挿入する事で、違和感・咽頭反射の原因となる舌に内視鏡が触らず挿入されるため楽な検査が出来る」というものです。
内視鏡が極めて細い事も特筆に値します。経鼻胃内視鏡検査に関するいろいろな調査結果を見ても経口法を経験した人に経鼻法で内視鏡検査を施行した場合、大多数の人が経鼻法が楽と答えています。
私も実際に使用していますが、この調査結果と同様の結果を体感しています。

経鼻内視鏡の挿入法

経鼻法(経鼻胃内視鏡検査)は、今後「胃カメラは苦しい」という感じを払拭させ、がんを含めた上部消化管疾患の早期診断に大きな役割をはたす事は間違いないでしょう。
しかし、花粉症を代表とするアレルギー性鼻炎で鼻腔が殆ど閉塞している人も多く、経口法がなくなる事はありません。繰り返しになりますが、経口法でも充分楽に施行できますのでご安心下さい。
当院では、経口法、経鼻法のいずれにも対応できます。どちらを選択するかは、患者さんと相談の上決めています。実際に患者さんと接してみて、経口法でも楽にできる事を体感した人は、経鼻法を説明しても「鼻から入れられるのは刺激が強そうですね」と及び腰になる方もおられますし、過去に経口法で辛い思いをされた方は「是非経鼻法でお願いします」とおっしゃる方もいます。
苦痛の緩和という事は、杓子定規、一概には論じられないデリケートな部分があります。いずれにしても、患者さんの選択肢が増えると言うことは喜ばしい限りです。

上部消化管疾患

日常経験する上部消化管(食道、胃、十二指腸)

1.逆流性食道炎
病名が示す通り、胃液が食道に逆流しその刺激で炎症を来す疾患で、最近とても増えている疾患です。
症状は、胸焼け、呑酸(酸っぱい液が上がってくる)などの典型的なものから、咽喉頭異常感(のどの異物感)、咳など一見、食道とは無縁な症状までさまざまです。
程度の重い逆流性食道炎を無治療で放置すると、食道腺がんが発生する可能性も指摘されており、内視鏡による正しい診断と適切な治療が必要です。

逆流性食道炎

食道粘膜に沿った赤い縦の線が逆流性食道炎の所見です。

2.慢性胃炎
胃の粘膜は、食べ物などの刺激で常に傷害を受け、慢性的な炎症をきたしています(傷が出来た状態)。この結果、本来あるはずの固有の胃粘膜が減ってしまいます。これを萎縮(萎縮性胃炎)と言います。また粘膜の傷が修復される過程で、胃粘膜が腸に似た粘膜に置き換わってしまうことがあり、これを腸上皮化生と言います。

このような胃粘膜の萎縮と腸上皮化生が慢性胃炎の本態です。最近では、慢性胃炎の本態である萎縮と腸上皮化生の発現に、ピロリ菌の存在が主役である事が分かって来ました。ピロリ菌という細菌が胃粘膜に存在する事で、慢性的、組織学的胃炎が生じ、萎縮、腸上皮化生がさらに進行していくのです。
萎縮、腸上皮化生、ピロリ菌感染の3因子が、程度の差を持って複雑に絡み合って形作られるのが慢性胃炎です。さらにピロリ菌という細菌が胃の中にいると胃がん発生の原因になる事も分かって来ました。慢性胃炎の治療も以前は、症状を緩和する治療に重点がおかれましたが(制酸剤・粘膜保護剤・胃腸異能改善剤など)、最近は、ピロリ菌が多く存在する時は、胃がんのリスクを減らすためにピロリ菌を退治する除菌療法も検討されることがあります。
ピロリ菌検査・除菌の詳しくはこちら>>

除菌治療前

除菌治療の前の状態
胃の粘膜面の凹凸が目立つ。典型的な腸上皮化生を伴う萎縮性胃炎でピロリ菌も感染していました。

除菌治療後

除菌治療の後の状態
ピロリ菌の除菌治療後は、粘膜の凹凸が著明に改善し、続いていた胃の不快感も消失しました。

3.胃・十二指腸潰瘍
胃は口から食べたものを強力に消化する反面、自分の胃壁は消化されないように守らなくてはなりません。食べたものを消化する役割を攻撃因子(胃酸、ペプシン)、胃粘膜を保護する役割を防御因子(胃粘膜を被う粘液)といいます。 攻撃因子と防御因子のバランスが崩れた時、自分の胃壁が傷害され深い傷になった状態を潰瘍と言います。以前は、攻撃因子である胃酸分泌が過剰になる事が、バランスを崩す主因と考えられてきましたが、最近は慢性胃炎の項で既述したピロリ菌と消炎鎮痛剤が、胃の正常な粘膜防御と修復機能を崩壊し胃酸の攻撃を受け安くしてしまうと考えられています。症状は、空腹時の上腹部の痛みです。十二指腸潰瘍の場合は、背中の痛みとして自覚することもあり、整形外科的な疾患との鑑別が重要です。放置しておくと、出血したり(吐血)、傷が深くなり胃壁を貫き(穿孔と言う)、腹膜炎を併発したり、胃の出口が狭くなり食事が通過しなくなる(幽門狭窄)ので速やかな診断、治療が必要です。治療は、胃酸の分泌を抑制、阻害する薬剤(H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害剤)、粘膜保護剤、胃腸機能改善薬を適宜組み合わせます。最近では、ピロリ菌感染がある場合は、菌を退治する除菌治療も併せて行うようになりました。

胃・十二指腸潰瘍

白い円形の部分が良性潰瘍です。

4.食道がん
食道に発生する悪性の疾患で、扁平上皮がんが多い。アルコール過剰接種、喫煙が誘因となる。少ないが、既述した逆流性食道炎に伴い食道の末端が本来の扁平上皮から胃のような粘膜に置き換わり(バレット食道)、ここから腺がんが発生することもある。症状は、徐々に進行する嚥下障害(飲み込みにくい)、体重減少である。治りにくいがんのひとつで、外科的手術、放射線治療、抗ガン剤投与を組み合わせて治療に望む。最近は、早期発見すれば内視鏡的に切除も可能な時代になっており、定期的な内視鏡検査が望まれます。

食道がん

早期食道がん症例です。無症状ですが、偶然、胃内視鏡検査で発見されました。矢印の赤みの強い部分が病変である。内視鏡的切除で治癒しました。

5.胃がん
胃の粘膜が悪性化したのが胃がんです。胃がんには分化型胃がんと未分化型胃がんに大きく分けることが出来ます。胃がんは慢性胃炎と密接な関連があります。特にピロリ菌の感染が胃がん発生の主要因である事が分かって来ました。ピロリ菌の感染に強い萎縮、腸上皮化生が伴うと分化型胃がんが発生し、萎縮、腸上皮化生の所見が少なくても胃の上の方にピロリ菌が原因の強い胃炎がある場合に未分化型胃がんが発生するとされています。

【分化型胃がんの例】

胃がん1

矢印で示した広い範囲で僅かに高まった部分が病変です。

胃がん2

以前なら手術で胃を3分の2切除する治療になっていましたが、今は内視鏡で広範囲に腫瘍を切除可能です。

胃がん3

切除された標本です。

【未分化型胃がんの例】

胃がん4

矢印の部分ががん性潰瘍の部分を示します。周辺の胃粘膜の赤みが強いです。未分化がんで、病巣は一見大きくないが、広範囲に転移していました。

6.胃ポリープ
胃の中に出来るポリープ(隆起した形のもの)で、いろいろなタイプがあります。
胃底腺ポリープは、胃の上の方に多発し、ピロリ菌感染を認めません。
過形成ポリープ、腺腫は、粘膜萎縮が強い胃から発生し、多くの場合、ピロリ菌の感染を認めます。

胃底腺ポリープ

胃底腺ポリープ
矢印の様に、周辺の粘膜と色調が同じ小さなサイズのものが多発する傾向がある。ピロリ菌感染と関係がない。

過形成ポリープ

過形成ポリープ
矢印のように赤みの強いポリープです。
このポリープもピロリ菌感染が原因です。

7.十二指腸がん

十二指腸がん

十二指腸に出来る悪性のがん腫で頻度は少ないです。

8.機能性胃腸症・機能性ディスペプシア(Functional Dyspesia:FD)
最近、非常に増えて来た病変が見つからず、原因不明の疾患。

  • 辛いと感じる食後の胃もたれ
  • すぐに満腹になる
  • みぞおち部分の痛み
  • みぞおち部分が焼けるように感じる

など、食後の膨満感・上腹部膨満感・腹部の違和感・腹痛などを訴え来院し、内視鏡を含めた精密検査を行っても明らかな病変を認めない患者さんが増えています。

「疲れがたまったのでしょう」とか「余り気にしない方が」等と積極的な医学的アプローチがなされないまま、症状は消えず、辛い思いをされています。このような状態を機能性胃腸症・機能性ディスペプシア(FD)と定義し、治療を必要とする疾患であるという概念が確立しました。
積極的な治療を怠ると、苦痛から気うつになったり、職場での仕事の能率に悪影響を与えるなど見過ごせない状況になるからです。

原因を含め、まだ不明な点も多いですが、 ストレスや生活習慣の乱れからの胃の働きを調整する自立神経のバランスが崩れ起こるほか、感染症がきっかけになることもあると言われています。
幸い治療には、特効薬が使えるようになりました。
2013年に治療薬が医療保険の適用になり、2014年には学会が診療指針を公表しました。
「精神的なもの」と自己診断せず、お気軽に専門医にご相談下さい。

当院への問合せ・アクセスはこちら>>

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

生活、食習慣の変化から、日本でも大腸疾患が増加しています。
日本では、大腸がんが急増しています。
肛門の違和感や出血を、痔だと思い込んで放置したり、大腸の検査はつらいというイメージで精密検査を避けた結果、大腸がんを進行させてしまう患者さんが少なくないのは、大変残念な事です。
また、大腸がん以外でも、治りにくい大腸の慢性炎症(潰瘍性大腸炎、クローン病)が、若い人の間で増えています。
血便、治りにくい腹痛、排便異常などを自覚したときは、積極的に検査をうけましょう。
当院では、最新の電子内視鏡装置による大腸内視鏡検査を行い、肛門疾患を含めた総合的な大腸疾患の診断、治療を心がけています。

当院自慢の大腸内視鏡検査は、女性に優しい「痛み知らず」です。

検査方法

●ご来院の前に
事前にお渡しする薬(腸管洗浄剤)を、2回に分けて自宅で飲んでいただきます。
1回目は、検査前日の早めの夕食以降に半分の量です。
2回目は、検査当日の朝に残り半分の量です。
宿便が出たらご来院いただき、検査を開始致します。

●検査の前に
前日の食事はおかゆ、スープなど、消化の良いもののみ。
夜食は軽く、検査当日は検査が終るまで食事は禁止。
水はかまいません。

●大腸内視鏡検査の手順
検査時間は、15分前後で終了します。何らかの病変を認めたときは、細胞の一部を取り、顕微鏡で観察し、診断の確定を行います。

STEP1
原則は、腸管洗浄液(1800ml)を前日の夜に半分(900ml)、当日の朝に半分(900ml)の2回に分けて飲んでいただきます。仕事の都合で出来ない場合は、検査当日の朝に腸管洗浄液(1800ml)を全量服用してもらい、腸の中を空っぽにします。
STEP2
腸管洗浄液服用後4~5時間で宿便が除去されますので、検査当日の午後1時ころから検査を開始します。
STEP3
内視鏡を肛門から挿入し、大腸全体を観察します。病変があれば、生検という細胞の検査をしたり、ポリープがあればその場で取る場合もあります。
STEP4
15分前後で終了です。

当院での大腸内視鏡検査の様子

痛み知らずの大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は「非常に辛い」と言うイメージが強いようです。現在は機器や技術の進歩で、心配するほどではありません。
大腸内視鏡検査で辛いと感じる大きな原因は、2つです。

  1. 腸が伸ばされる時に発生する伸展痛
  2. 腸に空気を入れるために発生するお腹の張り感

当院ではこの2つの点を克服する為に、腸に空気を入れずに内視鏡をする“原則無送気法”を行っています。単に空気を入れないと言うことで、お腹が張らないと言う直接的な効果に加え、腸の伸展痛も抑えられます。

原則無送気法
腸に空気を入れず水を注入する方法です。
これにより、腸を伸ばさないようにしてスコープを挿入することができます。
内視鏡用炭酸ガス送気装置を使用します。炭酸ガスは、空気のように腸内にたまらず、速やかに腸管内に吸収されます。
よって、腸内に長時間空気が残らない為、お腹の張り・不快感・痛みを和らげます。

受動湾曲細径大腸内視鏡
受動湾曲は、軽く腸壁に押し当てられただけで自然に曲がる機能です。
そして、より負担の少ない大腸内視鏡検査を目指し、先端部外径・軟性部外径ともに9.2mmという細さです。

肛大腸内視鏡検査は、痛い・恐いと思っていませんか?注意! 恐いのは、検査をしない事です。

この受動湾曲細径大腸内視鏡により、検査をうける患者さんがすとんと落ちついて検査を受ける・緊張感が内視鏡を通じてほとんど伝わってきません。「十分、リラックスしている」と、私が理解できる程です。

当院は、女性には原則「受動湾曲細径大腸内視鏡」を使用します!理由はこちら>>

内視鏡的治療について

内視鏡検査を行って、ポリープなどの病変を見つけた時、検査を行いながら、病変を摘出することが出来ます。これを内視鏡的治療と言います。
胃のポリープは癌化するリスクが大腸のポリープほど高くなく、経過観察で良い場合が多いです。摘出が必要な病変でも、胃の内視鏡的治療は、治療後に大きな胃潰瘍を形成し、出血のリスクも高く、入院で行うのが一般的です。
一方、大腸の病変は、放置すると癌化する可能性が高い割合が高く、小さい内にすべてを取り除くことが望ましいとされています。
外来で、日帰りで内視鏡的治療が出来るのは、大腸の場合がほとんどです。
以下、大腸の場合を例にとって、内視鏡的治療の概念を説明したいと思います。

外来・日帰りで可能な4つの内視鏡的治療

外来、日帰りで可能な内視鏡的治療は以下の通りです。

1.ホットバイオプシー
内視鏡検査で組織の一部を取るときに使う鉗子という器具に電気を通してポリープを切除します。鉗子でポリープをつまみ、高周波の電流を流して焼き切ります。5mm以下の小さなポリープにしか使えませんが、短時間で簡単に行うことができる治療なので、小さなポリープがたくさんある場合などに使われます。

2.ポリペクトミー
内視鏡の先端からワイヤーを出し、ワイヤーをポリープの根本部分にかけて通電し、焼き切る方法です。茎をもつポリープに使われる方法です。焼ききったポリープは鉗子で回収します。

内視鏡的ポリープ切除

3.内視鏡的粘膜切除術(EMR)
この方法では平坦なポリープや少し大きめのポリープも切除することができる点が特徴です。内視鏡の先端から注射針を出してポリープの下の粘膜下層という部分に生理食塩水を注射します。生理食塩水を粘膜下に注入する事で、ポリープが筋層からはがれ浮き上がりコブ状になります。このコブ状になったポリープにワイヤーをかけてポリテクトミーと同様に高周波の電流をつかって切り取ります。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

4.cold polypectomy(コールドポリペクトミー)
この方法は、近年、提唱された方法です。私は、画期的だと思います。既述した1、2,3の方法は通電してポリープを焼き切ります。しかし、cold polypectomyという方法では通電しないで機械的にポリープを切り取ります。器具に特殊な細工が施され、通電しなくても出血しないのです。もちろん、小さいポリープが対象となりますが、この小さいポリープがたくさん出来ている患者さんが少なくありません。全てのポリープに通電していては出血、穿孔などのリスクが大幅に増えてしまいます。この方法が開発され、日帰りでも複数のポリープを安全に取ることが可能になりました。

cold polypectomyに使う器具

外来で内視鏡的治療が可能な病変は少なくありません。しかし、すべてが外来、日帰りで出来る訳でありません。穿孔や出血などの合併症の可能性があり、慎重に適応を選んで施行します。大きさ、形、患者さんの生活状況などを考慮し、入院で行って頂く場合もあります。

内視鏡的治療後の注意

内視鏡的にポリープを切除した後は、生活になんらかの制限がかかります。ポリープの大きさや取り方によって、制限の期間、程度は異なります。数日の軽い制限で済む場合や10日ほど飲酒や運動や旅行を控えて頂く場合もあります。

●内視鏡的にポリープを取った方の心構え
最近はテレビなどで、内視鏡的にポリープを取る場面を放映する機会が増えています。その結果、すごく簡単で安易な事、と謝って理解している方がいます。
内視鏡的にポリープを取った後には、穿孔や出血と言った合併症が起こる可能性がゼロではありません。病院で入院して行おうと、診療所で日帰りで行おうと、合併症のリスクはゼロではない、という事を知ってほしいし、確率論的に治療を受けたご本人様に起こるかも知れないのです。内視鏡的にポリープを取った後も、痛みはありませんし、生活上何の不都合もありません。つい、ジムで激しい運動をしたり、飲酒をしてしまったりして出血する方がいます。ですから、間近に出張や旅行の予定のある方は、後日、改めてポリープを取るという考えも必要です。
当院では、出血を限りなくゼロにするべく、内視鏡的にポリープを取った後、細かく食事、生活指導を行っています。

●飲んでいる薬のチェックが必要です
脳や心臓の病気を患い、抗凝固剤、抗血小板剤などの血液をさらさらにする薬剤を内服中の方は、これらの薬剤を、ポリープ切除前後の一定期間中止する場合があります。中止する期間は飲んでいる薬によってまちまちです。また主治医とこれらの薬剤の中止について相談が必要となります(休薬リスクの高い方は、ポリープ切除をせずに抗血小板剤や抗凝固剤を継続したままでスクリーニング検査として観察のみ実施する場合もあります)。

下部消化管疾患(大腸疾患)

日常経験する大腸疾患について

肛門の違和感や出血を、痔だと思い込んで放置していると、重大な大腸疾患を見落とすことになります。 生活、食習慣の変化から、日本でも大腸疾患が増加しています。 肛門病変が、大腸疾患の部分的な症状として出現している場合もあります。 肛門の症状でも、大腸全体の検索が必要な場合があると言う認識が大切です。

大腸疾患の例

大腸ポリープ

大腸ポリープ
良性ですが、腫瘍で構成されたポリープ(腺腫性ポリープ)です。大きくなるとがんになるため、取る必要があります。
この位の大きさなら、外来で、内視鏡的切除可能です。

大腸早期がん

大腸早期がん
潰瘍性大腸炎に合併した大腸早期がんです。
青い色素の着いていない浅い凹みが病変です。
現在は、手術をしないで内視鏡で取れる早期がんも増えています。

大腸進行がん

大腸進行がん
深いクレーターを有する進行がんです。
この段階になると、手術が必要です。

孤立性直腸潰瘍

孤立性直腸潰瘍
排便時のいきみで、直腸粘膜が圧迫され、潰瘍が生じ、出血を来たす事があります。

潰瘍性大腸炎症候群

潰瘍性大腸炎症候群
原因不明で、大腸粘膜にびらんや潰瘍をつくる病気です。下痢、粘血便、微熱が主症状です。
難病にも指定されている病気です。
若い方に、非常に増えている疾患です。

クローン病

クローン病
潰瘍性大腸炎同様、原因不明の大腸の炎症です。
腸に潰瘍、繊維化を来たし、腸と腸がトンネルで交通してしまう事もある。
左図の様に、縦に走る潰瘍が特徴です。
関節や目にも病気を認めることがある。

腸結核

腸結核
腸に結核菌が感染した状態。
肺の結核菌を飲み込んで、発症する。
下痢、微熱、腹痛が主な症状。

腸結核

憩室からの出血
憩室とは、腸の壁で薄い部分が、腸の内圧に押されて、部分的に外側に向かって袋状に、飛び出した状態。
憩室の中で、炎症を起こし、出血を来たす事がある。
緊急手術になるような、大量出血の場合もある。

NBIを用いた内視鏡観察

NBIを用いた内視鏡観察

NBIについての詳細記事

NBIを用いた内視鏡観察とは
我々が、肉眼で見たままの像を認識し診断を下す通常光観察に対して、特殊光観察という手法があります。
通常光観察のときに用いる白色光ではなく、光学特性を変換した照明光を用いることによって画像を強調し、より精度の高い診断を可能にするものです。
NBIとは、この特殊光観察のひとつで、Narrow band imaging(狭帯域光)と呼ばれるものです。血液に最も強く吸収される光と粘膜で強く反射・散乱される特殊な光粘膜表面の微小血管および粘膜微細模様を強調して表示することが可能です。
これにより、今までは見逃されてきた小さな病変の発見が可能になるばかりか、その病変が腫瘍か非腫瘍かを鑑別することが可能になります。
腫瘍か非腫瘍の鑑別は、特に大腸内視鏡検査において、不要生検を著しく減少させ、出血などのリスクを軽減するだけではなく、医療費削減効果につながります。

特筆すべきは、中・下咽頭、食道、胃及び大腸の癌の早期診断に有用な点です。特に見つけにくいとされる食道がん、咽頭癌の早期発見には大きな威力を発揮します。

日本人の死因の第1位は、癌です。内視鏡診断も、日々進歩しています。「自分だけは、癌にならない」と思い込まず、定期健診は必ず受けましょう。

早期食道癌(粘膜内癌)

早期食道癌(粘膜内癌)
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

中部食道表在癌

中部食道表在癌
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

胃前庭部小弯(早期胃癌)

胃前庭部小弯(早期胃癌)
NBIの画像の色調が変化した部分が病変です。

当院では、早期診断・発見を使命とし「患者さんに優しい内視鏡検査」を提供します。
胃内視鏡検査・胃カメラ・大腸内視鏡検査は専門分野としており、皆さまにリラックスして検査を受けて頂けるよう努めております。
世田谷区経堂の小田急線経堂駅より徒歩2分、胃腸科・消化器内科の当院へお気軽にご相談下さい。

大腸内視鏡検査の更に詳しい説明はこちら>>
当院の「内視鏡検査のご案内ページ」へリンクします。
検査の流れや時間、費用、検査前後の食事などのご説明です。

↑
PAGE TOP