大腸内視鏡検査前日の過ごし方 | 世田谷区経堂の消化器科・胃腸科なら鶴町クリニック

大腸内視鏡 検査前日の過ごし方

検査前日から当日までの流れ

主な準備は、下剤の服用と食事制限の2つ

検査を受ける患者様にお願いしている検査前日の準備は、主に下剤の服用と食事制限の2つになります。これらが十分でないと、便が残ってしまい、検査中病変を見逃してしまう可能性があります。しっかりと準備ができるよう、ご予定に合わせて無理のない日程で検査をお受けください。

検査前日(ご自宅で)

  • 前日は、原則、検査食を食べていただきます。仕事などで検査食を摂れない方は、おかゆやスープなどの消化の良いものでお願いします。
  • 夕方に、事前にお渡しした下剤(1800ml)のうち、半分(900ml)を服用します。
  • 早めの就寝を心がけ、体調を整えましょう。

検査当日(ご自宅で)

  • 検査当日は禁食となります。水分はおとりいただけます。
  • 朝、下剤の残り半分(900ml)を服用します。
  • 下剤の服用後4~5時間で宿便が除去されますので、ご予約時間に合わせてご来院下さい。

下剤の飲み方について

良い検査をするための鍵となる下剤

大腸内視鏡検査を行うには、大腸の中をきれいな空の状態にしておかなければなりません。腸の中に便が残っていると、検査に時間がかかったり、正確な診断が出来ない可能性があります。それでは、検査を受ける意味がありません。当院では、小さな病変も見逃さない良い検査をするため、患者様に上手に下剤を飲んでいただけるよう、精一杯フォローいたします。

当院で検査する場合の下剤の飲み方

当院の下剤の量は少なめです!

大腸内視鏡検査前に服用する腸管洗浄剤(下剤)の量は、2~3リットルと決まっていることが多いですが、当院では、患者さまにとって飲みやすい量、またできる限り大腸がキレイにできる飲み方をご提案しています。

●下剤の量
当院で検査を受ける患者様には1800mlを服用していただいております。

●下剤の飲み方
2回に分けての服用を原則としています。

  • 検査前日の夕方に半分(900ml)
  • 検査当日の朝に残りの半分(900ml)

諸事情で前日に準備できない方は、当日朝に全量(1800ml)服用して頂きます。

●なぜ下剤を2回に分けて飲むの?
わざわざ2回に分けて服用していただくのには、以下のような理由があります。

  • 特に女性で、日ごろ水分摂取を心掛けていない方は、1度に全量を飲むのは大変だから
  • 2回に分けて服用すると、2度洗いの原理で、腸内がよりきれいになるから
  • 前日に半分飲めれば、万一当日の分を飲めなくなった場合でも、なんとか検査ができるから

また、検査前に既に大腸がんが大きくなって腸の通過を悪くしている場合、1度に大量の腸管洗浄剤を服用することでイレウス(腸閉塞)になる可能性があります。このようなリスクを防ぐ意味でも、2回に分けての服用を原則としています。

●下剤は飲みやすいの?
現在の腸管洗浄剤は、かなり飲みやすく改善されています。過度に心配することはありません。服用に不安があるという方は、お一人おひとりの状況に合わせた飲み方をご提案しますので、診察の際にお気軽にご相談ください。

量については、当院では1回900mlと、服用しやすい少量にしています。飲んだ後はトイレに足繁く通うことになりますが、何回もトイレに行っても、下痢ではなく飲んだものがそのまま排泄されているだけなので、体力的に消耗することはありません。

●下剤を服用するメリット
実は下剤の服用にはメリットもあります。宿便にはざまざまな有害物質が含まれているため、下剤によって完全に取り除くと、腸内がきれいになります。大腸内視鏡検査を経験した女性の中には「年に1回くらい、この下剤だけ飲みたいです」 とおっしゃる方もいるほどです。美容に直結する腸内洗浄ができるので、特に女性の方はメリットを感じるようです。

前日の食事について

消化の良いものを19時までに!

大腸の中をきれいにするため、下剤の服用に加えて、前日は3食とも食事制限をお願いしております。夕食は原則、検査食となります。19時くらいまでに済ませ、以降は固形物は食べないようにしましょう。検査当日は禁食となります。

食べて良いもの

  • 白米・おかゆ
  • 食パン(胚芽パンやライ麦パンはNG、また食パンにジャムやマーガリンを塗るのはおやめください)
  • 豆腐・卵
  • 肉・ハム・ウインナー
  • 魚・ちくわ
  • ウィダーインゼリーなどのゼリー飲料(透明で果肉の入っていないもの)

絶対に食べてはいけないもの

  • ラーメン・そば
  • 玄米(胚芽米・発芽玄米・雑穀米など)
  • 果物・野菜
  • きのこ類
  • 海藻類(海苔・わかめ・ひじきなど)
  • 牛乳・ヨーグルトなど
  • 香辛料など刺激の強い食品
  • アルコール

水分について

水分は制限せずおとりください。水やお茶などの色の薄いものを飲むようにしましょう。コーラやサイダー、スポーツドリンクも大丈夫です。

検査日の決め方

ご予定に合わせた無理のない検査日を

良い検査をするためには、前日の準備が不可欠です。そのため、検査日は予定に合わせて無理のない日を選びましょう。ご自身の状況でお決めいただければ、検査前日から検査後まで安心して過ごせます。当院は、月~土曜日まで毎日検査を行うことができますので、お気軽にご希望日をご相談ください。

検査をやめておいたほうが良い日って?

●前日に飲み会や宴会などが入りそうな日
前日に食事制限ができ、早めに帰れる日をお選びください。

●検査から1週間以内に飲酒、遠出、出張の予定がある日
検査で大腸ポリープが発見され検査時に切除した場合、処置後1週間は食事や飲酒・遠出が制限されます。そうなった場合に備えて、検査後しばらく安静に過ごせる日をお選びください。

↑
PAGE TOP